Laravel + Vue.js でOauth認証を利用したサンプルSPA構築 [1] VM立ち上げ、Laravelインストール

Laravelでの開発環境をHomesteadで構築する備忘録。 VirtualBoxはインストール済みの前提。

Laravel開発環境を整える

複数のプロジェクト管理と共有を考慮し、各ディレクトリごとにHomesteadをインストール。

Homesteadのインストール

プロジェクトディレクトリを作成

$ cd my/projects/
$ mkdir project/

composer install

$ composer require laravel/homestead --dev

homesteadの設定

Vagrantfile, Homesteadをmakeする

$ php vendor/bin/homestead make

Homestead.yamlを編集。

$ vim Homestead.yaml

foldersのmapは初期設定で作成したディレクトリとなっている。 あとでmyapiというディレクトリ名でlaravelをインストールすると想定し、sitesを変更。 また,node_modulesは同期しない。

Homestead.yaml

folders:
    -
        map: /my/projects
        to: /home/vagrant/code
sites:
    -
        map: myapi.test
        to: /home/vagrant/code/myapi/public      
        type: "apache"
        options:
          rsync__args: ["--verbose", "--archive", "--delete", "-zz"]
          rsync__exclude: ["node_modules"]

なおvagrant up後にhomestead.yamlを編集した場合は、

vagrant provision

で更新が必要。

Host設定

$ sudo vim /private/etc/hosts

hosts

$ 192.168.10.10 myapi.test

サーバ起動

準備が整ったので仮想サーバ起動。

$ vagrant up

sshで接続。

$ vagrant ssh

/home/vagrant/codeへ移動

$ cd /home/vagrant/code

ここでcomposerをダウンロードから、laravelインストール。

$ php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
$ php composer-setup.php
$ php -r "unlink('composer-setup.php');"

Install laravel.

$ php composer.phar create-project --prefer-dist laravel/laravel mytasklist
$ php artisan --version
Laravel Framework 5.7.6

これで最新版がインストールされた。

/home/vagrant/code/myapi/public が出来ているはずなので、ブラウザからアクセスしてみる。

myapi.test

-> OK!

参考 https://readouble.com/laravel/5.7/ja/installation.html https://readouble.com/laravel/5.7/ja/homestead.html


1 Reply to “Laravel + Vue.js でOauth認証を利用したサンプルSPA構築 [1] VM立ち上げ、Laravelインストール”

Comments are closed.