xamppで、擬似的なhttps接続環境を構築してみました。

■要件
・バーチャルホストを使った開発環境の構築。
・ローカル開発環境で擬似的にSSLを動かしたい。
・開発用途なので細かい設定はせん。

■手順
1.httpd-vhosts.conf 設定
2.hosts 設定
3.httpd-ssl.conf 設定
4.apache restart

1.httpd-vhosts.conf 設定
バーチャルホストの設定を行う。
※SSLは関係無く行う

・path
/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/extra/httpd-vhosts.conf

・下記を追記。
※デバッグしやすいようにLoglevelの設定も行っています。無くてもいいです。
※必ずバックアップを取る

2.hosts 設定

・path
/private/etc/hosts

127.0.0.1 localhost
となっているところの次に以下の行を追加し、上書きます。
※必ずバックアップを取る
127.0.0.1 yoursite.com

3.httpd-ssl.conf 設定
httpsでのアクセスを可能にするための設定を行います。

・path
/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/extra/httpd-ssl.conf

・以下のように編集します。
※必ずバックアップを取る

最初はデフォルトの設定になっているので、

を、

に変更します。

あと最低限必要な設定は、
・DocumentRoot
・ServerName
です。
ErrorLogの設定もしておいた方が開発に役立つかも。

今回は以下の様に設定しました。

4.apache restart

サーバを再起動して、確認します。
sudo /Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp restart

※あくまで今回は開発用途でHTTPSのアクセスのみが必要な場合の手順です。システムによっては正しく動かない可能性も十分ありますし、実用は出来ないことをご了承ください。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA