ローカルマシン内のみで動作するドメインを割り当てる場合のログです。
(xampp利用の場合)

ファイルを2つ割り当てて、サーバの再起動を行うという流れになります。

1.httpd-vhosts.conf

ホストの設定を行います。
ローカルマシンなので、最低限の設定のみ行います。

■path
/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/extra/httpd-vhosts.conf

ファイル内にコメントされた状態の以下の部分をコピーしコメントを外して、下に加えていきます。

このような感じです。

 

※tips: vimの複数行のコピー・ペースト

「V」 でvisual line mode.
「j」 を押してヤンク開始したい行を指定。「y」をおして、最後の行を指定。
「p」を押すと、カーソルの後ろにヤンクした行がペーストされます

2.hosts

URLの名前解決を行います。

■path
/private/etc/hosts

127.0.0.1 localhost
となっているところの次に以下の行を追加し、上書き保存します。
127.0.0.1 site1.localhost

後はapatchを再起動します。

XAMPPの場合はコンパネから行えますが、terminalからの方が速いですね。

site1.localhostの部分を、好きなドメインにすれば何でも設定可能です。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA