コマンドラインが使えない環境でacoテーブルを更新するには、以下のような関数を追加して実行する。

例えば、studentモデルを追加する。

まず、user/reitnitDBにアクセスすることでDBが更新されるよう、usersContorllerに下を追加する。
最初にStudentsのみ追加。

user/reitnitDBにアクセスする。

acoテーブルに一行追加されているはず。
今回追加した分のIDを93とする。

下層のページのために、下記を追加。
$aliasesの配列に含まれるページをacoテーブルに追加していくもの。

そして再度user/reitnitDBにアクセス。

またテーブルの更新を確認出来るはず。

次にreinitDB() で、アクセス権限の編集を行う。
group_id = 1 or 2のときにStudentsすべて、
group_id = 3 のときはStudents/view, editへのアクセスを許可するので、こんな感じになる。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *