Cakephpのローカライズ。

コンソールでの作業になるので、先ずは\app\console\に行ってパスを通す。

アプリのルートパスへ行き、コマンドを実行。

対話形式でプログラムが実行される。

先ずはPOTファイルの生成。

そして抽出元を選択。

cakePHPからの翻訳を書き込む場合はy

アウトプット先のパスを指定。
言語ファイルは/app/Locale/ 配下に格納される。
後で移動させても問題無いが、とりあえずそこに置く。

全ての翻訳データをマージするかどうか。

ここまで来ると、指定したディレクトリにファイルが作成される。

次に、翻訳ファイルの作成。

Poeditを使う。

ファイル→POTファイルを元に新しいカタログを作成。

一つ注意事項。カタログの設定で、複数形を以下のように設定。

ここまでくれば、あとはコツコツ翻訳するだけ。

そしてcakePHP側の言語指定。

強制的に言語を指定するには、Appcontrollerで下のように指定。

日本語に指定するばあいは、これで上手く行った。
翻訳ファイルは、app\Locale\jpn\LC_MESSAGES

・追記

potファイルのアップデート。

ファイルを更新・追加したら、再度コンソールでのpotファイル作成の手順を踏んでdefault.potを上書きする。

そしてpoeditを使って、該当する.poファイルを開く。
(日本語だったら open -> /locale/jpn/LC_MESSAGES/default.po をひらく)
そして開いたら、メニューのcatalog -> Update from POT fileでアップデート。 以上!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *