Uploadプラグインの中でも評価の高かった、
https://github.com/josegonzalez/cakephp-upload
これを実装してみたのでメモ。
オプションも多く、使いやすそう。

今回使ったのは、以下のオプション。

画像の格納パス。この場合はアップロードされた画像はwebroot/files/thumb/~

画像名が入るDBフィールド。

thumbnailSizeを使っうとそれぞれのサイズが{size-name}_file_name で生成。
サイズ指定のオプションは以下。
100×80 – アスペクト比を保ち、トリミングを行う
[100×80] – 指定したアスペクト比にフィットさせる
100w – アスペクト比を保ち、幅100px
80h – アスペクト比を保ち、縦80px

その他にも、画像のサイズの最大・最小値の指定やパーミッション、上書きの可否等も指定できるようだ。
また細かいバリデーションをかけてエラーメッセージの指定も可能。
例:

Ex

簡単に実装テスト。テーブル構成がこんな感じで

Userクラスには、$actsAsを追加。

コントローラではadd functionを持っているものとします。

ビューはこんな感じ。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *